短期間で見た目痩せダイエットする方法は?

美容ブログライターのkomichiです。

今回は、「短期間で見た目痩せダイエットする方法は?」をまとめていきます!

ダイエット前とダイエット後の女性のウエスト

短期間でどうしても見た目痩せしたい、そんな都合の良いダイエット方法を教えてと思っている人もいるのではないでしょうか?

個人的には、短期間で見た目だけ痩せたように見えるダイエット方法というのは、付け焼き刃的な感じがして、健康という面から考えても、なんだかなぁという印象を持つのは否定出来ませんが、この記事では、短期間で、見た目を痩せているように見せるダイエット方法があるのかどうかといった情報をまとめていきます。



↑ 見た目体重を気にする女性におすすめです!

見た目の体重と実際の体重の違い

まずは見た目の体重と、実際の体重の違いについて見ていきましょう!

これ、はっきりと書きますが、人によりけりです。

何故なら、同じ身長と体重の人で、骨格が太いのか細いのか、水分量は、年齢は、普段から運動などをしているのか、生活習慣はといった話が絡んでくるので、見た目の体重と実際の体重の違いを一括りにして説明するのは、個人的に、日々運動をしたりして、体を作ってきた経験から、一概に言えないと言いたい!

これらが関係するので、見た目体重と実際の体重に違いがあっても、おかしくはありません。

ただ、シンプルにどうしてこの2つの違いが出てくるのかと問われたとしたら、それは筋肉量が多いか少ないかが関係していると言えると思います。

どちらかといえば、筋肉がしっかりと付いている体は、痩せて見える傾向が高く、脂肪が多いと、太って見えやすいのですが、実際に女性でも、ぽっちゃりして見えるけれど、体重自体はそれほど多くないという方や、逆に痩せて見えるのだけれど、意外と体重はあるという方がいて、これは筋肉量などが、体重に関係していると考えることが出来ます。

見た目的には、痩せて見える人で、筋肉量が多い場合、脂肪のほうが軽くて同じ1kgなら水に浮いてしまうのです。

これらが関係して、実際の体重と見た目体重に差が出てしまうのです!

そして、筋肉が増えるときは、筋肉だけが増えるのではなく、他の体の組織も大きくなります。

内臓が増え、血管が増え、骨も強くなります。

こうなると、脂肪が多い人と、筋肉量が多い人とでは、見た目体重と実際の体重に違いが出来てしまうのは、理解できる話になります。

こちらの写真を見てください!

分かりやすく、見た目の体重と実際の体重が違うという例となっています。

同じ体重なのに、その人の体に脂肪が多いのか、筋肉が多いのかによって、これほどまで見た目が変わるだけでなく、体重も筋肉のほうが重いので、同じ体重でも、見た目の体重と実際の体重が違うのは、この写真を見れば納得される話ですね!

同じ体重でも」見た目が違う女性

筋肉が1kg増えると、消費カロリーは13kcalほど高くなります。

この数字は、なにもしていないただ生きている状態で消費されるカロリーとなりますので、実際には動いたり、仕事をしたり、なんらかの遊びをしたり、家事をしたり、運動をしたりと、人間はなにかしら動きをしていますから、もっと多くのカロリーが消費されることになります!

実際に国立健康・栄養研究所のデータでは、1kg筋肉が増えると、基礎代謝が50kcal上がることが分かっています!

ですから、筋肉を増やしておくことは、色んな面で、見た目痩せダイエットなどを短期間でしたいと考えている人にとっては、大事なポイントになります!

ぽっちゃりとした体型の人が、ファイトして筋トレを始め、いつの間にか引き締まった体型に変化している写真をすでにご紹介していますが、見比べてみると、何故見た目体重と実際の体重に違いが出るのか理解が深まりますね!

こちらは、筋肉と脂肪の写真になります。

筋肉と脂肪の違い

これだけ体の中についているものが違うのですから、見た目体重と、実際の体重に違いがあることが、さらに上の写真と見比べて、よく理解できるのではないでしょうか?

そして他にも理由があり、骨と体脂肪が関係している場合もあります。

骨が太く、体脂肪が少ない人は、見た目よりも体重があり、逆に骨が細い人や体脂肪の多い人は見た目よりも軽く見えます。

そして、体格の問題もあります!

例えば身長が180cmある男性で、肩幅が広く、腰の位置が高いので、実際はお腹周りに脂肪がついているのに、ぱっと見た目、それほど太っているようには見えませんよね?

ですが同じようなお腹まわりなのに、身長が低い人であると、見た目はどう感じられるでしょうか?

そうです、ずんぐりむっくりしているなぁと、客観的に見ている人からは思われてしまうのです。

持って生まれた骨格などが、見た目体重と実際の体重が違うという、目の錯覚を生み出してしまうという話になります。

肩幅が広い人と、肩幅が狭い人では、同じウエストサイズでも、狭い人のほうが太く見えてしまうのです。

他には姿勢がいい、悪いというのも関係してしまいます。

写真を見比べるとよく分かると思いますが、このように、姿勢が悪いとお腹が出ているように見え、かなり見た目的には損な状態になっているのが分かりますね!

こんな些細なことなども、見た目体重と実際の体重の違いに関係してきます!

姿勢が悪いと太って見える

このような理由がありますから、体型も他人と見比べるのではなく、自分の体の骨格にあったバランスを考えて、体作りをしていくことが重要なポイントになることがこれで理解できるかと覆います。

ですから、他人と比べるというのは、ぐうの骨頂というものです!

自分の魅力や良さに注目をして、他人と比較をすることは、2016年現在では、無駄だと理解しましょう!

短期間で見た目痩せするダイエット方法は?

ダイエットをして痩せた女性

やはり王道の方法で、短期間で見た目が痩せて見えるダイエットを行うほうが、確実に体型を変えていけるので、このやり方がおすすめです!

王道とは、食事、ウエイトトレーニング、有酸素運動です!

まずは食事について、説明をしていきます。

基本は、高タンパク質、低脂肪、低炭水化物を中心とした食事を摂取するようにします。

要するに、たんぱく質である、肉や魚、豆腐や大豆、卵などをしっかりと摂取して、その中でも、脂質の多い部位は避けて食べるのです。

脂質の少ない部位は、赤身、鶏胸肉(皮をはいだもの)、ささみがおすすめです!

ダイエットに向いてる食材、鶏の胸肉

魚なら、白身魚が、高タンパク質で、低脂肪になり、卵ならゆでたまごにして食べることをおすすめします!

そして、炭水化物は、パンなどは余計な塩分や脂肪分が入っているので、摂取するならお米をおすすめします!

調味料は、OKなのは塩、胡椒、醤油です。

ダメなものは、砂糖、ドレッシング、マヨネーズ、ケチャップ、ソースなどの市販のもので、余計な脂質と糖類が入っているものは避けるようにしましょう!

なるべくたんぱく質を多く摂取するようにして、炭水化物は少なめにし、野菜をたっぷりと食べ、おやつは基本的には短期間での見た目痩せを目指しているダイエットなので、食べないでください。

調理方法は、蒸すか茹でるにして、油を使った炒め物や焼き物などは、一切摂取しないようにしてください!

例えば、鶏胸肉やささみ、赤身の肉などを茹でるか蒸して、塩コショウで食べるといった感じです。

お酒を飲むなら、基本的には、短期間で見た目痩せしたい場合、やめたほうがいいと思いますが、もし飲むのなら、糖質の多いビールやワイン、日本酒、サワー類、梅酒や果実酒、カクテルなどの甘いものは避けて、飲むならウイスキーやジン(ロックや水割り)、焼酎などをいただくようにしましょう。

まず最初の一週間は、これらのルール守って食事を摂取するようにします!

一週目は、夜の炭水化物を抜きます!

週に一回は、ルールを緩める日を作っていいです。

例えば、我慢していたおやつをひとつ食べていいといった感じです!

2週目は、夜の炭水化物を抜いていますから、昼か朝のどちらかも抜いて、一日一度しか炭水化物を口にしないようにします。

これを続けていきながら、3週目も同じような食事制限をしていきます。

4週目からウォーキングなどの運動を始めていきましょう。

以前ジムでお会いした、有名なパーソナルトレーナーの有馬康泰(ありまみちひろ)さんは、普段からウエイトトレーニングと食事管理だけで、有酸素運動をしないと話してくれましたが、やはり人によりけりで、短期間で見た目痩せを実現したい場合、有酸素運動を使ったダイエット方法のほうが、より早く効果を導き出せると思います。

運動が苦手な人は、このまま食事の制限を続けて痩せることは可能です、

最初ですから無理は禁物です!

まずは20分ほどでいいので、ウォーキングを行って脂肪燃焼させていき、食事の内容も炭水化物を一日一度だけを続け、低脂肪で高タンパク質の食事を摂取します。

ダイエットにはウオーキングがおすすめ

ウォーキング後に、スポーツドリンクを飲むのは禁止です!

糖分が多いので、せっかくの努力が水の泡になってしまいます。

この、短期間で見た目痩せをさせるダイエット方法を行っている間は、水分は水かお茶、もしくは砂糖抜きのブラックコーヒーならオッケーです!

ウォーキングをする、1時間前にブラックコーヒーを飲むと、脂肪燃焼効果が高まることが研究でわかっているので、賢く活用してみるのも手です!

歩く時間帯は、あなたの都合に合わせて大丈夫ですが、空腹時のほうが脂肪燃焼効果が高いと言われていますので、より早く効果を実感したいのなら、起きた後、空腹状態のときがおすすめです!

5週目からは、ウォーキングは30分にします、そしてウォーキングの前に、自分の体重だけでスクワット、そして腹筋を取り入れていきます!

ウォーキング前に筋肉に刺激を与えると、その後の有酸素運動で、脂肪燃焼効果が高まることが研究結果でも分かっていますし、個人的にも経験して効果を感じてます!

スクワットをやっても、足は太くなったりしませんので、安心して行ってください。

女性はそうそうムキムキの体にはなりません、本気でボディービルダーを目指すぐらいやるなら別ですが、普通にウエイトトレーニングを行うくらいなら恐れることはありません。

やり方ですが、基本はないのですが、分かりやすく説明するために、まずは10回✕3セットを行い、腹筋は、あなたが出来る範囲でちょっとファイトしてやってみてください。

ちなみに、たまに腹筋をやると脂肪燃焼効果があり、痩せると勘違いをされている方がいて、ジムなどでも、ひたすら腹筋だけをやり続けて、まったく体型が変わらない人を見かけますが、腹筋にそのような効果はないので、誤解のないようにしましょう!

見た目痩せを短期間で行うためのダイエット方法をご紹介していますから、ジムに通っている暇もないため、せめてお腹周りの引き締めをして、少しでも見た目痩せ効果を高めるためと、すでに書いたとおり、ウォーキング前の筋肉の刺激で、その後の有酸素運動の脂肪燃焼効果を高めるのが目的になります。

食事内容は気を引き締めて、同じ状態を続けていきましょう!

この時点で体重は落ちているはずですから、後は、あなたがこのまま続けるか、ウォーキングの時間を40分、1時間と伸ばしていくかは、どんな体型を目指しているかによって変わってきますので、あなたがどうしたいかで決めていってください。

あなたが理想的な体型になるまでは、炭水化物の量を減らすか増やすか、ウォーキングの時間を長くするか短くするかは、ご自身で考えていただきたいのですが、この食事内容は若干脂肪分が少なくてきついものになりますので、週に一度の緩める日に、サラダに自家製ドレッシングを作って脂質を少し補うようにします。

脂質(油)は、女性ホルモンの元になるので、減らしてはいけないという情報も出ていますが、短期間での見た目痩せを目指しているダイエットなので、この場合は少しきついかもしれませんが、ここはしょうがないと割り切るしかありません。

しかも、この食事内容は、結局元に戻せばリバウンドしますので、それを避けるためには、完全に元に戻さず、食事の摂取方法を、書籍などや、トレーニング本などを参考にしながら、学んでいき、食べ方を身につけていくという心構えが大事なポイントになります。

体型を作りたい人は、やはりここから先は、ウエイトトレーニングが欠かせないと思います。

ジムに通い、パーソナルトレーナーに教わったほうが早いので、プロの力を借りたほうが良いと思います。

個人的にも、ジムでのトレーニングする前から、夫がずっとウエイトトレーニングを行っていたため、続けて結果が出ている体を作っていた夫に教えてもらえたので、しっかりと筋肉をつけながら、ボディーラインを整えてきた経験を持っているので、闇雲に自己流の方法で、ダイエットやウエイトトレーニングを行うよりも、プロの力を借りたほうが安心で、結果もしっかりと出るのでおすすめです!

結局、モデルや女優、タレントなども、運動を日常に取り入れ、食事をコントロールすることで、体型管理をしたり、短期間で絞り込むときも、普段からこれらの運動をしているからこそ、上手にウエイトコントロールが出来るのです。

モデルのローラさんやダレノガレ明美さんも、ジョキングやウエイトトレーニングを日々行いながら、食事管理をすることで、体型維持をしていることは有名です!
トレーニングで体型維持しているローラ
食べないだとか、苦しそうなダイエットは、2016年現在では古臭い廃れたダイエット方法だと言えますから、見た目痩せするダイエット方法なら、食事管理とウエイトトレーニング、有酸素運動をおすすめします!

何故なら、体が締まるので、短期間で見た目痩せをしたい、そんなダイエット方法ある?

という問いかけに対して、これがやはり王道だと答えるかと思います。

短期間でという願いが入っているので、それを実現するために、見た目痩せするダイエット方法ですから、体を引き締めるウエイトトレーニングを行い、しっかりと見た目が痩せた?

と思われるように、筋肉を引き締めることで、ダイエットに成功したと感じられる結果へと導いていけると思います。

ウエイトトレーニングを行う理由は、やはり体がかっこ良くなるからです!

同じ運動選手でも、マラソン選手の体型を見て、かっこいいと感じる人は、めったにいないのではないでしょうか?

やはり、フィットネスモデルなどを見たときに、ああ、かっこいい体だなぁ、見た目痩せしている、素敵な状態だと感じられると思います。

そして、年齢が変われば、お伝えできる内容も変わってしまいますし、個人的にトレーニングを続けてきていますが、パーソナルトレーナーではありません、ですから、自分が続けているウエイトトレーニングの内容をお伝えしてきましたが、より細かい対処は、やはり、先程から書いているように、個人でプロなどに相談されたほうがいいかと思います。

どんな食べ物が糖質が多いのかチェックし、出来ればそれを避けるようにしながら、栄養はしっかりと摂取しつつ、空腹に悩まされない食べ方を学んでいきながら、最終的には短期間で見た目痩せさせたいなどといったダイエット方法に頼ることなく、普段からウエイトコントロールが出来るようになりましょう!

結局は、この3本柱が、体型管理をするのに、身につけてしまえば簡単なダイエット方法になります。

短期間で見た目を痩せさせたい気持は分かりますが、最終的には、これらを身につけたほうが、生涯ダイエットとは無縁の人生を送ることが出来るだけでなく、食事の摂取方法を理解してしまえば、今日は好きなジャンクフードを食べるけど、たまにだからと、食べ物のコントロールも出来るようになります。



↑ 見た目体重を気にする女性におすすめです!

1週間で出来る見た目痩せと2週間でできる見た目痩せ

1週間でダイエットできるの?

基本的には、見た目痩せを、短期間で行いたい場合、若い世代であれば、基礎代謝量が高いので、食事のコントロールをするだけで、すぐに効果が出てきますが、年齢を重ねていった女性は、基礎代謝量がどんどん加齢と共に落ちていきますから、やはり必要な筋肉をつけていき、食事管理や有酸素運動も取り入れていったほうが、安全で安心で王道のダイエット方法になります。

ここからは、1週間、2週間という短期間で、見た目痩せさせたいという方へ、ダイエット方法をご紹介します。

正直に申し上げますが、現在あなたがどんな体型をしていて、どんな食生活をしているかなどを細く理解してからでないと、見た目痩せを短期間、しかも1週間でとなると、どのように申しあげたらいいのか分からないのです。

それでも、なんとか一般的なことを書いていこうとしますので、そこはご了承いただきながら、こんな方法もあるのかという理解で記事を読み進めてください。

ぽっちゃりとした体型の方がこの記事を読んでいるのか、それとも普段からスリムな体を維持していて、そこからさらに絞り込みたいのかによって、やり方は違いがあります。

ある程度脂肪がある人なら、食べ物を変えていき、代謝を上げて脂肪燃焼させやすいように、半身浴やリンパマッサーなどを行うことで、短期間の1周間ほどで、見た目が痩せたと言われるようなダイエット方法を行うことがやりやすいといえばそうなのです。

すでにスリムな人が、見た目痩せをしたい場合は、十分な基礎代謝量がある方なら、とにかくむくみを取り除くことで、見た目痩せを成功させることも可能ですが、無理は禁物です!

人によっては断食を行う人がいますが、個人的には、この方法で体をリセットしたりすることは、現在一切やっていません。

酵素ダイエットというのが流行しましたが、これと王道の引き締め効果抜群の、先程ご紹介した方法を組み合わせて、短期間で見た目痩せさせるダイエット方法をご紹介します。

すっきりフルーツ青汁を使って、必要な栄養をしっかりと摂取して、炭水化物は少なめにして、出来れば夜は摂取しないことが大事なポイントです!

夜は後は寝るだけなので、すっきりフルーツ青汁を飲んで寝るだけにしたほうが、より短期間で見た目痩せする効果が実感しやすくなります。

頑張れる人なら、2~3日、すっきりフルーツ青汁だけを飲んで、酵素ダイエットにチャレンジしてみると、すっきりとした見た目になり、短期間で痩せて見える体を手に入れられる可能性があります。

そこまでは頑張れないという方なら、朝と昼は炭水化物を少なめで、さらに野菜やたんぱく質をしっかりと摂取して運動も行いながら、夜だけすっきりフルーツ青汁を飲んで食事をせずに寝るという方法を行ってください。

どうしても1週間でという方は、この期間だけ、やはりすっきりフルーツ青汁を夜飲み、出来れば炭水化物はカットする、そして半身浴でむくみを取り除く、昼間は野菜とたんぱく質を中心とした食事をするという方法で、ダイエットを行うと効果的だと思います。

2週間の短期間でという方は、筋トレや有酸素、そしてここに書いたダイエット方法などを組み合わせることで、見た目痩せを実現出来る可能性は大いにあります。

短期的に行う場合は、見た目だけでも痩せて見えればいいわけですから、余分な水分は抜いていき、筋肉を落とさないためにたんぱく質はしっかりと摂取し、野菜を多く食べて空腹感を感じないようにさせ、筋トレで引き締めていきながら、全体的に見た目痩せ出来るようにファイとしていってください!

具体的には、次のような、ちょっと極端ですが、1週間、2週間で出来る短期で見た目痩せ出来る方法のダイエットをご紹介します。

すっきりフルーツ青汁を使って、野菜&酵素&乳酸菌不足を補い、たんぱく質は鶏胸肉の皮をはいだものを茹でるか蒸すかしたものに、塩コショウのみの味付けの食事で過ごすというものです!

一日におにぎり1個、もしくは茶碗に軽く一杯の炭水化物を、出来れば朝がいいのですが、朝もしくは昼に食べるようにします。

具体的に書きますと

朝食・・・お米、鶏の胸肉、すっきりフルーツ青汁

昼食・・・鶏の胸肉、すっきりフルーツ青汁

夕食・・・鶏の胸肉、すっきりフルーツ青汁

低血糖の人は、血糖値があまりに下がるのは危険なので、炭水化物をコントロールしつつ対処しましょう。

かなりきついかもしれませんが、途中でブロッコリーやトマトなどを加えてもいいでしょう。

胸肉に飽きてしまうので、ゆでたまごや、やっこなどに途中で変えても良いでしょう!

おやつも食べず、この食事方法を行うと、確実に痩せると思いますが、個人的に、きついと思いますと書き加えておきます!

ただ、これなら、体に必要な栄養素がしっかりと摂取でき、短期間で見た目痩せのダイエットは出来ると思いますが、体質などによって効果には違いがあることも書き加えておきます。

全体的なカロリーが落とせるので、このやり方で、短期間での見た目痩せダイエットは出来ると思います。

これにプラスして、半身浴や、ウォーキング、リンパマッサーなどを行うと、さらに相乗効果で短期間の見た目痩せは可能であるといえます。



↑ 見た目体重を気にする女性におすすめです!

今回は、短期間で、見た目痩せをすることが出来るダイエット方法などについての情報をまとめていきました!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です